自動車用のタイヤとして複数のタイヤを所有されている方や、スタッドレスタイヤを持っている方も存在しています。スタッドレスタイヤの場合では、夏タイヤと基本的には取り扱い方法に大きな違いはありませんが、保管を行う際には配慮したい内容を持っていることになります。保管前に実際に行っておくことが推奨されている内容としては、例えば汚れや水気を取るということは基本的な項目とされています。クリーナーなどを利用して洗浄することが良い方法になり、ゴムを劣化させてしまうような成分が付着している可能性を持っているために、綺麗な状態に洗うことがおすすめになります。同時にタイヤの溝をチェックすることも良い方法になります。特にスタッドレスタイヤの場合では、夏タイヤよりも深い溝を持っていることになるために、石や異物が挟まっている状態は避けることが賢明になります。また、空気圧を減らすということも基本とされています。タイヤにストレスを与えない状態で保管することが基本とされており、空気を少し抜いた状態で平積みで保管することが良い方法です。また、太陽光など気にすることも必要になり、物置や倉庫などの直射日光の当たらない日陰の状態の中で保管しておくこともおすすめになります。