タイヤのグリップカを高めるには、表面の摩擦力を高め、低温でも性能を維持する事が効果的ですが、相手が氷だと歯が立ちませんし、別の方法で対処する必要が有ります。
エッジ効果は凍った路面や滑りやすい場所で役立ち、安全に走るためのグリップカを活かす方法です。
氷や凍った道でグリップカを発揮する方法は、タイヤのエッジを路面に引っ掛け、圧力をかける形で氷との接触を増やします。
道の表面を覆う水の幕を破り、タイヤが路面へと到達する事で摩擦力を発揮しますから、この工夫によって本来の性能を活かせます。
また、切り込みを入れる加工で剛性は低下しますが、代わりに柔軟性が獲得出来るので、複雑な形状の上でも安定して走れます。
更に低温でも柔軟性を保つ素材が使われる事で、寒い地域でも安全性は失われずに済みます。
つまり、季節に合わせて車に履かせる製品を使い分けるのは、状況に応じて性能を発揮する物を選び、安全に発進したり停止させるためです。
冬用に設計された製品は、複数の対策で信頼性を高めています。
氷を引っ掻き噛みつく効果はその一つで、どのメーカーでも採用されている常識ですが、共通する技術は信頼性が高く、ドライバーが安心して運転出来る走りを実現しています。