冬用タイヤとして利用されているスタッドレスタイヤですが、以前はスパイクタイヤといって、スパイクの金属ピンが埋められているものが活用されてきた背景があります。このタイプではピンは雪上や氷上でも高い威力を発揮するものですが、路面まで削り取ってしまうことになるために、公害問題が発生してしまいます。その結果としてスタッドレスタイヤが生み出されたことになります。スタッドレスタイヤも年々進化をしている状態にあって、現在では熟成された技術によって安定している状態を保っています。その内容としては利用されている特殊ゴムに秘密があり、各メーカーによって独自の配合などを行っている部分があります。ゴムに関してはいわゆる発泡ゴムと呼ばれるものが活用されることが多く、粘着効果をしっかりと維持していることが特徴になります。通常のゴムを氷上などで利用した場合では、路面温度等によって硬化してしまう傾向にありますが、スタッドレスタイヤに使用されているゴムの場合では、気温によって大きな変動が見られないことも大きな特徴になります。水分などもしっかりと処理する能力を持っており、粘着度によって路面を捕える効果を持っていることも技術力の高いスタッドレスタイヤの魅力になります。