冬の雪道やアイスバーンをクルマで安全に走るためには、冬用タイヤであるスタッドレスタイヤを履かなければなりません。見た目は夏用タイヤと変わらないように見えるのに、どうして冬用タイヤは雪道やアイスバーンでも滑りにくいのでしょうか。

冬用タイヤが滑らない仕組みはメーカーによって多少違いがありますが、冬用タイヤを近くから良く見てみると、夏用タイヤとの違いに気が付きます。まずタイヤの溝が横方向に波打っています。また触ってみると、夏タイヤよりも柔らかいことに気が付きます。これだけでも夏用タイヤとはかなり違う構造になっていることがわかります。

雪道やアイスバーンでタイヤが滑るのは、タイヤと雪や氷の間にある水分が原因です。そこで、ブリジストンなどは、この水分を吸収することができる特殊なゴムを使うことによって、滑らなくさせる仕組みになっています。また、トーヨータイヤのように、ゴムの間にクルミの破片などを組み込むことで滑らなくしているものもあります。メーカーによって、滑りにくさには差があります。また、耐久性にも違いがあり、ゴムが減りやすかったり、固くなってしまいやすかったりするタイヤもあります。冬用タイヤは溝の減りよりも、固くなってしまうことで性能が大きく劣化します。