雪道が走れる理由

| 未分類 |

スタッドレスタイヤが雪道を走行できるのは、サマータイヤとは違った素材のゴムを使用しているからです。
それは発砲ゴムと呼ばれる素材を利用しています。
通常のサマータイヤに使用されているゴムには水分吸収能力がなくゴムの表面に雪道で走行すると水分の膜ができてしまいそれが滑る原因となり走行ができなくスリップします。
発砲ゴムには無数の小さな空洞がありそこに水分が入り込み、きちんと摩擦が生じ滑らずに走行ができます。
さらに、スタッドレスタイヤには特殊な無数の切れ目が入っています、これは万年筆の先端のように、水分を吸い上げる構造になっています。
この吸い上げる効果をサイプと呼びます。
このサイプによって、発砲ゴムの空洞部分へさらに水分を吸い上げてくれます。
また、コーナリング中は、そのゴムのせん断効果によりスリップすることなく曲がることができます。
スタッドレスタイヤの注意点だが、経年劣化したゴムは硬化してしまい表面が固く水分を上手に吸着できずゴムと路面の間に、水分の膜を作ってしまいます。
こうなると、雪道やアイスバーンの上では一切ハンドル操作が聞かなくなり大変危険な事故へとつながります。
スタッドレスタイヤは毎年使用前に必ず点検が必要です。